保育求人への応募には相談会の活用を!

保育12

保育求人へ応募する際には、自分で検索して調べるだけではなく、相談会を活用するのも良いものです。

求人サイトでは見えない、保育業界の状況や、募集している保育所の実態を知る機会を得られるからです。保育求人に関する相談会は、全国各地で行われています。ここでは、保育求人に応募する方に向け、相談会の内容と保育求人の実際を解説していきます。

「茨城で小規模保育の求人を探すメリットとデメリットについて」

保育士求人の相談会で行なわれる内容

保育士向けの求人相談会は、自分のライフスタイルに合った働き方を目指す保育士の方に向けて行なわれます。相談会は各地で行われ、現役の保育士を交えた形で、就業希望者の相談に応じていく形で進められます。参加を希望する方の多くは、これから保育士で働くことを目指す方や、以前に保育業界で働いていたブランクのある方が殆どです。

勤務希望地の相談会に参加することで、現地の保育所の就業環境や、勤務待遇などを具体的に知ることが可能になります。相談会の後には、就業を希望する方に向けた求職登録も実施中です。相談会の多くは、個別に求職者の相談にも応じてくれます。

求人サイトを使った職探しでは探すことができない、自分に合った就業先を見つけられます。

「文京区で保育求人を探す魅力と具体的な方法」

保育士を目指す方は増えている

保育士の仕事は女性を中心に人気が高まっている状況です。子供の成長を見守りながら、日々の業務を進められる点に、やりがいを感じる方が増えているのです。保育士の仕事が人気になっている理由には、様々な雇用形態がある点もあげられます。

フルタイムで働く通常の雇用形態は勿論のこと、アルバイトやパートなどの時短勤務や、期間を決めて就業する非正規雇用など、自分なりなスタイルで働ける点も保育士の仕事の魅力です。保育士になるためには、保育に関する8教科に亘る学科試験と、実務で必要になる実技試験への合格が必要です。

保育原理や教育心理、子供への栄養バランスを心がけた食事の提供、音楽や造形などの実技スキルなど、保育業務で必要になる知識やスキルが試験を通じて試されます。

四季を感じながら働ける就業環境も魅力

保育士の方が働く保育園は、年間を通じて各種の行事が行なわれます。運動会や遠足、花火大会など、子供が喜ぶ催しものを、同僚や保護者の方と一緒に考えられるのも、保育士として働くことにより得られるやりがいです。

大きな行事の企画を立て、子供たちに喜んでもらえた時には、多くの喜びを得ることができるものです。四季の移り変わりを感じられる就業環境で、子供とともに、自身の保育スキルを高められるのが、保育士として働くことにより得られるメリットです。

様々な勤務形態が提供される職場

保育22

保育士として働くことにより得られるメリットには、様々な勤務形態が導入されている点もあります。多くの保育園では、朝から夜までの就業時間を交代制でシフトを組んでいるものです。午前中から働き、夕方早くに帰ったり、午後から出勤し、夜に帰宅するなど、ライフスタイルに応じた働きが可能になっています。

家庭を持つ主婦の方でも、自分の生活状況に応じた働き方を選んでいけば、仕事と家事や子育ての両立を可能にできるのです。普通の会社員とは違い、お昼寝の時間や、おやつの時間など、リラックスできる時間も多く提供されています。

子供と遊んでいる感覚で働ける点に魅力を感じる方も少なくはないのです。

保育士として働く際の検討ポイント

保育士の仕事は子供と遊べる楽しい仕事のイメージもありますが、園によっては就業人数が少なく、過酷な労働を強いられてしまうケースも少なくありません。就業環境が整った職場であっても、保育士の方のキャリアアップに必要な研修が行われていなかったり、待遇面で問題がある場合も有り得ます。

長きに亘って安心して働けるためには、ポイントを絞った就業先選びが必要になるのです。保育士求人の相談会に参加することの意味は、求人サイトでは知ることができない、生の現場の状況を知ることができる点です。募集広告上は、良さそうな感じがする保育園であっても、実際に働き始めると考えていた就労環境とは違っていることも珍しくありません。

相談会を活用して、実際の就業状況を知ることは、求職する保育士にとっても、雇う側の保育園にとっても、ミスマッチを防ぐことに繋がるのです。

相談会にはキャリアアドバイザーも出席

保育27

保育士の方向けに行なわれる相談会の席には、保育士の転職に関する業務経験が豊富なアドバイザーが出席するケースも多いものです。地域で行われる保育業務の現状を学びながら、興味を持った場合には、その場で転職相談を進めることができるのです。

自分では難しいと思える勤務条件であっても、キャリアアドバイザーの助言を得ることができれば叶えることができる場合もあります。相談会の席で地域が取り組む保育方針に納得できた際には、信頼できるアドバイザーに、地域の保育園への転職相談を行うのが良いでしょう。

相談会に出席する際に気をつける点

保育士求人の相談会に出席する際には、いくつか注意すべき点があります。相談会とはいっても、参加するにあたっては、面接同様な綺麗な身だしなみを心がけることが大切です。保育士として働く際には、清潔感あふれる感じであることが必要なものです。

相談会が終わったタイミングで、求職者に対しての個別相談が実施されていきます。自分が良いと思った保育園の求人には、他の多くの方も応募するのが実情です。相談会に出席する際には、そのまま面接になっても良いように、身だしなみに気をつけておくことが大切なのです。

相談会によっては、参加するにあたり、事前に予約を入れる必要がある場合もあります。情報サイトなどを活用し、事前にどのような保育園が参加しているかを調べ、参加方法を確認しておきましょう。保育士求人向けの相談会とはいっても、園によっては保育士以外の募集も行なっている場合もあります。

看護師や栄養士など、園を運営するために必要な人材全般を募集している場合も少なくありません。参加方法同様に、相談会の開催趣旨と募集求人の詳細を確認しておきましょう。

相談会に参加することで保育園の生の声が聞けます

保育求人の相談会に参加することで、地域で営業する保育園の生の声を聞くことができます。求人サイトでは得られない、園の雰囲気や営業方針などを、現場の人の声を通じて学べます。相談会の際には、キャリアアドバイザーを交えての転職相談も開催されます。

園の雰囲気を聞き、気に入った園が見つかった場合には、そのまま面接に移れます。

投稿日: