茨城で小規模保育の求人を探すメリットとデメリットについて

保育1

定員数が少ない小規模保育園で働こうと考えているときには、勤務地について考えることも大切です。茨城県は、求人情報も多く、首都である東京にもJRを使えば、すぐにアクセスすることが可能なので、保育士として働くにはおすすめの勤務地です。

この記事では、茨城の小規模保育園で働くことのメリットやデメリットについて解説します。

小規模保育園とは

まずは、小規模保育園がどのような保育園なのかを説明することから始めます。

小規模保育園というのは、2015年より始まった「子ども・子育て支援制度」によって誕生した認可保育園です。

一般的な保育園とは違い、0歳から2歳児までと、預かる園児の年齢を制限していることが特徴で、預かる園児の人数も、19名以下と少人数です。これは、各地域が抱える待機児童問題を解消するためです。小規模保育園を作ることにより、狭い土地でも保育園を開園することは可能となり、それに伴い、保育士の求人もグッと増えました。

茨城県は、交通手段や住環境が充実していて、子育て世帯が住みやすい地域でもあります。子供の人数が多ければ多いほど、小規模保育園の数も増えるため、求人に困ることも少ないのです。

小規模保育園で働くメリット

小規模保育園で働くメリットは、園児一人一人とじっくりと触れあうことができるということです。預かる園児の数が多いと、一人一人にまで目を配ることが難しくなります。ですが、小規模保育園なら、園児の成長を見守りながら働くことができます。

更に、職員の数も少ないため、職員同士のコミュニケーションも円滑に行うことができるのも大きなメリットです。また、乳児しかいないため、運動会やお遊戯会といった行事が少ないので、教員の負担も少なくすみます。保育士の仕事をする楽しさは、園児の成長を肌で感じることができることです。

昨日までは立てなかった子供が、次の日には笑顔で立つことができたり、次第に言葉を話すようになったりと、その成長ぶりを肌で感じることができるのは、保育士の特権ともいえます。

小規模保育園のデメリット

保育4

小規模保育園で働くときには、そのデメリットについても知っておくことが必要です。それは、職員の数も少ないということです。保育園によっては、ギリギリの人数で運営しているところもあるので、好きなときに休みがとれるというわけではありません。

また、職員の数が少ないため、万が一人間関係が壊れてしまったときには、気まずい雰囲気になってしまいます。小規模保育園の求人を探すときには、デメリットについてもよく考慮してから決めることが大切です。

茨城県で小規模保育園の求人を探すときのチェックポイント

茨城県で小規模保育園の求人を探すときには、条件についてチェックしてから決めることが大切です。まずは、通勤しやすいかどうか、その立地条件について確認しておくことが大切です。

特に、車を持っていないなら、バスで通勤することが可能なのかどうかを確かめておくと、後で困ることはありません。そして、社会保険完備と書いてあるかどうかも確認することが大切です。記載がない場合は、国民健康保険や年金には自分で加入する必要があります。

記載がない場合は、1度確認をとってから決めるようにしましょう。また、給与に関しても注意することがあります。それは、残業代です。求人のときに、「固定残業代」、「みなし残業代」と書いてあった場合は、固定給に残業代が含まれています。

後からトラブルにならないためにも、最初に確認しておくことが必要です。

茨城県で小規模保育園の求人を探す方法

他県から茨城県の小規模保育園の求人を探すことは難しいと考えている人も多いでしょうが、ハローワークを利用することで、他県からでも簡単に探すことができます。なぜなら、ハローワークは、インターネット上でも求人情報を掲載しているので、他県の求人情報をいつでも閲覧することができるのです。

ですが、他県の情報は常に充実しているわけではありません。茨城県の小規模保育園の求人を探すときには、転職サイトなども活用すると、見つかる可能性が広がります。

面接のときの注意点

他県から茨城県の小規模保育園に応募するときには、注意することも必要です。面接のときには、なぜ県外である茨城県に応募してきたのかを聞かれる可能性があります。

この質問に対して、きちんとした答えができなくては、就職を決めることは難しいかもしれません。このときに、給料の条件が良かったという、どの求人情報にも当てはまるような理由ではなく、茨城県だからこそ決めたという理由を盛り込むようにしましょう。

そして、なぜ小規模保育園を選んだのか、その理由について質問されることがあります。そのときにも、小規模保育園ならではの理由を考えておくことが大切です。そして、面接のときには、できるだけ笑顔を絶やさず、大きな声で答えることが大切です。

その理由は、子供たちと接するときに、何よりも笑顔や明るい声が大切です。その理由は、小規模保育士は乳児の世話をするのが仕事です。子供たちに好印象を持ってもらえるような人材が採用される可能性が高くなるからです。

小規模保育園で働くときの注意点

茨城県の小規模保育園で働くときには、注意点も必要です。その一つは、新設保育園が多いことです。既に運営している小規模保育園は、既に保育士が決まっているため、求人募集はされていない可能性があります。そして、新設された保育園の場合は、準備が整っていない場合もあるので、忙しくなる可能性があります。

求人募集を見るときには、新設したばかりなのかどうかもチェックすることが大切です。また、保育士というと園児たちと走り回ったり、遊んだりするイメージが強い人もいるでしょう。ですが、小規模保育園の場合は、0歳から2歳児までの乳児が対象となりますので、一緒に何かをして遊ぶという機会は少ないかもしれません。

また、小規模保育園に勤務するときには、一般的な保育士のイメージとは違うということを意識しておきましょう。

茨城県の小規模保育園で求人が決まったときの準備

茨城県で小規模保育園の求人を探すときには、自分に合っている保育園を見つけることを心がけます。応募するときには、給与や昇格についての確認も大切ですが、働きやすい雰囲気かどうかについて先に確かめるといいでしょう。

保育園によっては、事前に申し込むと見学させてくれるところもあるので、1度確認しておくことも大切です。

投稿日: